2017.04.18 第5回ヴォーカル コンソート東京 演奏会

下記演奏会に出演します。
「ドイツロマン派にみるパレストリーナの残照」
http://vctokyo.jp/index.html
[日時]2017年4月28日(金) 19時開演
[場所]聖アンセルモ教会
  [指揮] 四野見 和敏
全席自由 一般前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000
学生 ¥3,000 (要学生証提示)
[曲目]
・パレストリーナ : 教皇マルチェルスのミサ
(G.P. Palestrina  Missa Papae Marcelli)
・ハッラー : 聖餐賛歌より
(Michael Haller:Laudes Eucharistiae)
・ニコライ : 我らの父よ(主の祈り)
(Otto Nicolai:Pater noster)
メンデルスゾーン : テ デウム
(F.Mendelssohn B.:Te Deum)
[出演メンバー]
(ソプラノ)
池田 真紀   石井 実香    岡田 愛    小此木 里佳     金成 佳枝
小松奈津子 佐藤 悠子  高山 ゆみこ  長尾 良子  村井 香子  森川 郁子
(アルト)
古賀 裕子  佐藤 智子  新明 裕子  高橋 幸恵 横町 あゆみ
(テノール)
 荒木 俊雅 小沼 俊太郎 沼田 臣矢 堀越 尊雅
(バス)
阿部 大輔 磯谷 大樹 奥村 泰憲 關 秀俊 堤 智洋
チェロ: 十代田 光子    コントラバス: 寺田 和正
オルガン: 山下 実季奈
[テーマ] 「パレストリーナへのオマージュ」(The Hommge to Palestrina in the German Romantic)
ルネサンスの大作曲家パレストリーナは、ドイツロマン派においても宗教作品の理想像として礼賛された。代表作「教皇マルチェリスのミサ」は、彼の音楽の特徴がよく表れた傑作だ。流麗かつ滑らかな旋律、透明な美しい響きを持つ傑作。声部の独立性を基に、清澄な調和の中に全体が構成されている。
「19世紀のパレストリーナ」と称される、ハッラー(Michael Haller)。彼はパレストリーナに真の教会音楽を見出し、その様式を作品取りれた。ニコライ(Otto Nicolai)は、パレストリーナ様式を熱心に学び、作品に反映させた。そしてメンデルスゾーン(Mendelssohn)のテ デウム(Te Deum)では、パレスリーナの影響が随所にみられる。今回の演奏会では、ドイツロマン派の作曲家達がパレストリーナの音楽をいかに吸収、踏襲し、新たな宗教音楽の理想を追求したかを探っていきたい。

合唱団 郁の会 第16回定期演奏会

下記演奏会に出演します。

「合唱団 郁の会 第16回定期演奏会」
日時:2017年5月27日(土)
開演:14:00 開場13:30
会場:第一生命ホール

指揮:下村郁哉
曲目:フォーレ レクイエム 他

チケット:全席自由 3,000円
問い合わせ:03-5678-5267

合唱団の賛助として出演します。
チケットは、私自身は持っていないため、
ご希望の方は主催までお問い合わせください。

(お急ぎでなければ、次回稽古参加時 4/29に確認します。例年売り切れるようなのでご注意ください)

2017.03.12 La Musica 藤 サロンコンサート

リサイタルを終えて、1週間と空いていないですが、
次のコンサートのお知らせです。

2017.03.12 (日)
La Musica 藤 サロンコンサート に出演します。

第1回 開場12:45 開演13:00
第2回 開場14:45 開演15:00
場所:上用賀6丁目 ※斎藤陽子さん個人宅
入場料:無料(後援のKiitos へのワンコインきの寄付をお願いしております。)
チケットご希望の方には、斎藤さんの連絡先やご住所等をお伝えします。

Program
Ⅰ メゾソプラノ独唱 斎藤陽子
♪ああ、愛する人の(ドナウディ作曲)
♪スターバト・マーテル(ロッシーニ作曲)

Ⅱ バリトン独唱 磯谷大樹
♪朝の歌(レオンカヴァッロ作曲)
♪帰れソレントへ(クルティス作曲)
♪忘れな草(クルティス作曲)
♪オー・ソレ・ミオ(カプア作曲)
♪砂山(中山晋平作曲)
♪平城山(平井康三郎作曲)
♪九十九里浜(平井康三郎作曲)

Ⅲ 二重唱
♪潮の音(平井康三郎作曲)
♪荒城の月(滝 廉太郎作曲)
♪花(滝 廉太郎作曲)

3月6日の本番と変わり、イタリアもので構成してみました。
少しお話を挟みつつの、1時間程度のミニコンサートを予定しています。
残席僅かのようですが、ご希望の方は個別にご連絡ください。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る